12/2017

new_Anonyment_0914人の作業日記

ここだけ毎日更新。ツイートばりの短文日記。
12月


イベントを観に渋谷WWWへ行く。あまりにも若過ぎるアイドルのイベントである。まぶしい。入り口でサイリウムを渡されたが、どうして良いか分からないので家に持ってかえる。あとで光らせて遊ぼう。

Deadman’s Handの2ndのリリース確認をする。晴れて全世界へ羽ばたく。良かった。原稿を書きながら配信関係の更新などをして夜も更けまくり、疲れたので酒呑んでグッスリ寝よう。アイドルになる夢でも見よう。ソイヤッソイヤッ。
_12/01

 

 


小旅行気分で神奈川県の藤沢あたりまで電車で赴く。リリースイベントにつき、挨拶がてらにしてはちょっと遠いが割とルンルンと移動する。

ライブハウスへ入るやいなや、客席は黒人のブラザー軍団まで交わっての盛況ぶり。せっかくなので見知らぬブラザー達と一緒に踊りながらライブを楽しむ。

思いのほか楽しんで、皆様と挨拶もできて、ほんとに良かったやれやれと帰路につく。楽しい時間はあっという間である。それにしても、皆様本当に良い表情をしていたのが印象深かった。良かった。
_12/02

 

 


レッスンをして机仕事をしてと静かに暮らす。なんだかあっという間に時間が過ぎて行く。クリスマスや年越しはどう過ごそう。しばらく寝かせてあるシャンパンを開けて景気良く過ごしたい。
_12/03

 

 


赤羽の純喫茶「デア」でカタカタと過ごす。常連として認めてくださったもようで、オーダーや会計時の領収書など「こうですよね」的な扱いをしてくれ、やや嬉しむ。

ほとんど休日みたいな感じだったので、そのまま界隈をブラブラとして何ということもない一日をゆっくり過ごし、何かしらに大して危機感を感じないのもいかんなと思いつつ、ゆっくり過ごす。
_12/04

 

 


なかなかの仕事欲が涌き、俺は偉いとおもいつつ一日を意気揚々と走る。仕事欲の対極とは何であろう。

遊び欲か、怠け欲か、破滅欲か。何であろうと人間など欲の塊か息を吸っているようなもので、実にせわしないと思いつつ、欲の対極とは何であろうと考える。

それは無だ、死だ、アパシーだと、カリカリに枯れた感覚ばかりが出てきて気が滅入るので止める。干涸びた思考こそが人間の覇気を奪っていくのだと俺は思い出し、思考を根元から潤すために酒でも呑もうと考えた。

俺が酒をよく呑むのは何のためだと考えた。みんなはどうなのだろう、とも考えた。たぶん一緒である。ただの気つけのはずだ。救心の行為である。あらゆる地域の酒呑みたちに心の安らぎを。アーメン。
_12/05

 

 


朝起きたら欲だどうだなど本当にどうでもよくなり、淡々と仕事をして一日を過ごす。寒い。こたつにネコをギュウギュウに敷き詰めて埋まりたい。ネコに集合をかけたら20匹くらい集まってくるスキルが欲しい。そのスキルは、役には立たない。
_12/06

 

 


ちょっとだけ寝不足も3日続けばしんどくなると思いながら過ごす一日。しかし、煙草をタールが含まれていないiQOSタイプのやつを主にやるようにしたからか、どうも身体やらが軽い気がする。

でも、ブハァとアメリカンスピリットの煙を思う存分吸い吐きたいのだが、世間もわしの身体も、そろそろそれは控えろと。こうやって人は毒々しい嗜みや変態的な遊びや、破滅的な欲を控える時期を重ねて過ぎて、老いて、最終的に死ぬのだろう。

そう考えているとこう思う。わしも平均的には人生の真ん中くらいの年齢。色々とジャッジを下す時期だと。わしは耳を澄ませた。

聴こえてくるジャッジは、煙草はヤメ、酒は週末とかだけにせよ、はよ結婚せよ、という実につまらなくも素敵な声だった。

だいたい、ほとんどは平均的で当たり前のことに落ち着くようだが、こう、無意味に逆らっていたいという悪質なパンクスピリットをこじらせた30代たるやキレがあるのか無いのか。
_12/07

 

 


レッスンをしてコンビニ行って、原稿をやってコンビニ行って、サイト更新をしてそろそろ西友へ酒とタコブツを買いに行く時間だ。

ありがたくも仕事がドカドカと来るが、デスクトップのスティッキーズという実にアナログに近いツールで各種の案件管理をするようになって早2年。絶対にとっ散らからない。

それこそエクセルやらで管理するのが賢明なのだろうがマス目に数字や文字やらを入れるのがどうも好きになれない。

ならばタコを食いたければあらかじめ均等に切り分けられている「タコブツ」よりも、2、3本のタコ脚が詰まっているパックを買って自由なサイズに切れ、という話だが、切るのがめんどくさい日もある。とにかくタコはどうしてあんなに美味しかろう。醤油とワサビに飽きたらしゃらくさく塩とオリーブオイルで食うと美味い。
_12/08

 

 


昨日今日とFor Tetばかり聴いて過ごす。イギリスのエレクトロミュージックはカッコいいし飽きない。机仕事をして楽器の練習をして明日早いからさっさと寝る。
_12/09

 


友人のパーティへ行く。5、6年とか10年ぶりに会う知人らは太ってたりハゲたりしてたり立派になっていたりしてとてもフレキシブルだ。僕は全然変わっていないとみんなに言われ、やや複雑な心境になる。

帰って原稿やら仕事をする。ワインをたくさん呑んだので逆にはかどる。今日くらいまあ良いだろうと思う。
_12/10

 

 


何で急に団地マニアみたいに、古い団地の建物を慈しむようになったのかと考えたら、3歳まで高島平団地に住んでいたからだと思い出した。記憶にはないが、人生の超初期の景色がノスタルジックに重なるのだろう。

そう思いながら、団地の一室へ向かいギターレッスンをして、都営住宅周辺をちょっと散歩して帰る。ラーメンを腹一杯食う。原稿をやる。手前の楽器練習をする。とても真面目な日。不道徳な遊びがしたい。
_12/11

 


なんだか無意味にしんみりとした心境になり、覇気がなくなっていくのはこの時期特有のバイオリズムだ。他の人はどうなんだろう。自分は毎年例外なくそうである。

だからなるべく不真面目なことをしてはしゃいで騒いでせせら笑ってハイな高揚感を掴みたい訳だが、なかなかどうも難しい。一番シンプルなのは、若い子たちと触れ合うことだ。歳のせいか、男女問わず若い子を見るだけでうっすら元気が出る。

最近タールを含まない煙草に変えたせいか嗅覚が若かれしレベルに戻り、もともと神経症レベルに敏感だった嗅覚はメシをも美味くさせてくれる。

だから、男女問わず若い子らと接すると「若い人間特有の匂い」を確かに感じる感覚が復活した。香水とかそういうのではなく、たぶんフェロモンとか動物的なレベル、生命的な何かだと思う。学校なんかはこの匂いが充満している。もう、「若い子の匂い」とか言っている自分が気持ち悪い。
_12/12

 

 


酒を呑め、呑め、連日呑んで吐け、今年の何かしらを嚥下して吐け、呑め、といったシーズンが来る訳だが、俺はだいたい日々酒を呑んでいるので年末年始はむしろ通常運転である。

しかし、誰かと呑みに行ったり集いの場で騒いで呑んだりするのは別腹であるので肝臓はもたないだろう。そういうこともあって、一人で家で呑んでも一合か二合と、わずかに甘露をすする程度である。

刺されるような寒さのなか環状七号線を原チャリで走り「まあまあ身体が動くうちの残りの人生はあと20年とかだ」と考えた。心境的に事故りそうになった。

あと20年である。これは短い。そう思うと、あれもこれもやっとかんと、とか思いが馳せる。死ぬ前に「もっと呑んどくんだった」とか「もっと大博打に出るべきだった」とか「もっとセックスでもしとべきだった」とか「長編小説を書き上げるべきだった」とか後悔するのは嫌だと思った。

でも、通常運転こそ大事だ、通常運転の中でどれだけ多くのことを楽しんだかだ、と思った。陸橋の上50km/Hは寒かった。死ぬ前に後悔するようなことは、日常で準備している過ごし方の延長線上にある。そう思った。

だからこの調子で頑張れば、死ぬ前「もういいや」と言ってにやけて逝けるだろう。だから、明日も張り切っていこうと思える。
_12/13

 

 


プリンスさんの「Purple Rain」がライブラリになかったのでiTunesで買って聴く。本当に色気のあるというかエロいギターを弾く方だなと思う。しかしそのうちダウンロード販売すらなくなるという噂は本当なのだろうか。
_12/14

 


広告収益用のサイトの方が、何故か半分くらい広告が表示されないという不具合と5時間くらい格闘した末、いまだ未解決でくたばる。来週、ウェブに恐ろしく明るい方と夜遊びに行く予定だから解決方法を聞くしかない。
_12/15

 

 


 

 

 

 

 

> 11/2017

> ANONYMENT Records top